近年では、インターネットの普及が進み、IT技術の利用が著しく進んでいます。
IT技術の利用にはさまざまなものがあります。
現在では、ほとんど全ての分野が何かしらのIT技術と関連しています。
最近では、ビジネスでの利用がさらに加速しています。クラウド技術を利用したITサービスマネジメントシステムの導入などもその一例です。
ITサービスマネージメントシステムを利用することによって、さまざまな企業活動がより効率的に行うことができるようになりました。
この業務効率の改善により、さまざまなメリットがもたらされるようになりました。

・ITサービスマネジメント
ITサービスマネジメントシステムとは、ITサービスのマネジメントをより効率的に行うことができるように、提供されるサービスのことをいいます。
ITサービスマネジメントシステムを利用することによって、顧客との合意に基づいた品質を管理することができ、顧客の満足につながっているかを知ることができます。
また、さまざまな顧客に関連するプロセスを統制することができます。これにより、さまざまな業務を効率的に行うことが可能になります。

・クラウド
クラウド技術とは、ネットを利用して、パソコン上にデータの雲を置き、その雲に対して、さまざまな端末を利用してデータを引き出すことが出来る技術です。
クラウドを利用することにより、さまざまなサービスを利用することが出来るようになります。
大きく分けると、SaaS、PaaS、HaaS・IaaSがあります。
これらを利用することで、離れた場所から、さまざまなサービスを利用することができます。
最近では、セキュリティの改善によりビジネスで利用されることも増えています。

おすすめサイト

クラウド型ファイルサーバの導入をご検討なら|extorage

Calendar

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031